Home > 6 月, 2010

2010.06.25

副館長より

20100625e38396e383ade382b0e69bb4e696b0e794a8e794bbe5838fefbc884fefbc894プラ担当副館長のゆきこです。
先週、図書館をご利用の方から「中高生にいたずらされた」と苦言をいただきました。トイレを使用中に電気を消されて「何をするー!」って追いかけたら、ゲラゲラ笑いながら逃げて行ったと。不届き者がいたものだと思いますが、もちろんその中高生が4プラの利用者かどうかは分かりません。違っていて欲しいと願う一方、たとえ違っていたとしてもその事実によって「やはり中高生のたまり場などつくるべきではない」というような意見になってしまったら困るなぁと思いました。
せっかく市民の皆さんの税金で作ってもらった「中高生の居場所」。大切に育てていきたいし、各所にたくさん作られるようになったらいいなと思ってる。みんなが4プラをとっても楽しんでくれて、喜んでくれているのをいつも嬉しく思っていて、「あー、やっぱりこういう場所は必要なんだな」と感じていた矢先のこと。「中高生にたまり場をつくったら悪いことを助長するのでは」という心配や偏見に対して私達は何も言えなくなってしまいます。せっかく出来た「自分達の居場所」、大切に守っていきたいよね。
誰に見られても恥ずかしくない素敵な中高生諸君であって欲しいと思います。
モヤモヤしたその気持ちは、他人に迷惑をかける行為ではない方法で解消することを、一緒に考えていこうよね。スタッフはそのためにいるんだから、そんな時は声かけてね(^^)v

2010.06.18

6月と言えば?

6月に入ってドンドン熱くなってきましたが、まもなく梅雨ですね~。
6月と言えば、「ジューン・ブライド」という言葉をよく聞きますよね!

この言葉、直訳すれば「6月の花嫁」。
6月に結婚した花嫁は幸せになれるというもともとはヨーロッパからの伝承です。
今回は、これの意味について書いてみたいと思います。

「ジューン・ブライド」これの意味にはいくつかの説があるんですよ。。。
その1・6月すなわちJune という月名が、ローマ神話の結婚をつかさどる女神であるジューノ ”Juno”(ギリシア神話では女神ヘラもしくはヘーラー)からきているため婚姻と女性の権利を守護するこの女神の月に結婚すれば、 きっと花嫁は幸せになるだろう、とあやかってとする説。

その2・その昔、ヨーロッパでは、3、4、5月の3ヵ月間は結婚することが禁止されていて6月は結婚が解禁になる月であるため、6月になっていっせいにカップルたちが結婚し、 周りの人達からの祝福も最も多い月だったとする説。

その3・ヨーロッパの6月は1年中で最も雨が少なく良いお天気が続くため、はつらつとした季節の始まり、若者の季節と呼ばれ季節的環境がベストな月であり、加えて復活祭も行われる時期であることから、ヨーロッパ全体が祝福ムードで溢れ、6月の花嫁は幸せになれるとする説などがあります。
1番有力な説が<その1>なんですが、この時期に結婚式をする方はやはり多いみたいですね♪

そんな「ジューンブライド」にちなんで、東欧セルビア共和国の首都ベオグラードで今月の6日、風変わりな「競走」イベントが開催されたそうです。

参加者はすべて、純白のウエディングドレスを身にまとった女性たち!!
エレガントなドレスをたくし上げながら、スニーカーで全力疾走していたそうです。。。
No1.花嫁を決めようというイベントだったらしいですが・・・・・・・・・・

中高生のみんなも是非いつか素敵な結婚式を挙げて下さいね。

<SS>

2010.06.11

只今企画中

もう衣替えも済んだものですから、4Fスタッフは夏にむけてのイベントを企画中なんでございますよ。
今年も「夏祭り」はもちろん行う予定なのですが、今年はその前にちょっとしたイベントをやる予定なんですよ。

20100611e38396e383ade382b0e69bb4e696b0e794a8e794bbe5838f4f


まあ、詳しい事は後々に発表なのですが、簡単にいうと、「ホールをみんなに使ってもらおう」っていう企画なのですな。

良いイベント・長く続けられるイベントにしたいなぁと思っているので、みんなも「こうしたら良いんじゃない」っていう意見があればどんどん出してね。

とーる

Next »